HOME > 症例報告 > 【症例3】月経前症候群(PMS)、腰痛

症例報告

【症例3】月経前症候群(PMS)、腰痛

カテゴリ : 婦人科系 腰痛

症例イラスト

患者

40代女性

来院した時期

2016年8月

主な症状

春先からずっと頭痛、吐き気、胃の不快感などが続いていた。
生理前後も症状が強く出ていて、病院で処方された薬を飲んでも、一時期しか効果がなかった。
薬に頼りたくないと思い、インターネットで初めて整体院を探し、当院を選ばれ来院に至った。

その他で気になる症状

首こり、肩こり、腰痛、外反母趾

施術内容

全身の緊張が強く、肩の力を抜く感覚も忘れていた状態であったため、まずは息が抜けるよう肋骨の膨張圧を抜き、胸骨のロックを外す手技を行った。
息が抜けて全身の緊張が解かれてきてから腰痛の引き金となっている梨状筋を緩め、肩のこわばりが取れてきたところ背中も同時に緩んできた。
前傾していた骨盤を調整後、身体の土台となる踵骨、距骨、腓骨、脛骨の調整をすると脱力して立つ感覚が戻った。
最後に頭蓋骨を調整し、緊張を解いていくと深いリラックス状態になった。
ここで初回の施術を終えた。
肩、脚、頭蓋骨の調整を軸にし、3回目の施術後は症状がでない普通の生活になった。

考察

交感神経優位の状態が長く続いたことが原因の緊張体質であった。
「息を抜く」という脱力した状態も忘れているくらいの状態であったので、まずは肩の緊張を解くことがポイントとなった。
踵骨、腓骨、脛骨の調整で楽に立てる重心を感覚として取り戻したことも早期に回復した要因であった。

▲Page Topへ