HOME > 症例報告 > カテゴリ別 > 頭痛

症例報告【頭痛】

【症例5】自律神経失調症、頭痛、腰痛

カテゴリ : 自律神経 頭痛 腰痛

症例イラスト

患者

30代女性

来院した時期

2015年8月

主な症状

めまいや立ちくらみが多く、早い時間に就寝するもなかなか寝付けず、2~3時間は布団の中で考え事をする。朝から身体にだるさがあり、家事をするのも辛い。
スポーツをする習慣がなく、筋力の衰えから腰痛がきていると思い、筋トレをするが効果が出ない。
病院では自律神経失調症と診断され、薬を処方してもらいストレスをためないようにと指導を受ける。
半年ほど通院するがなかなか改善せず、当院に通院する親戚の紹介を受け来院に至る。

その他で気になる症状

胸痛、背中の痛み

施術内容

背中がギュッと縮んだ状態であり、胸痛もあることから胸骨のロックを外し、肋骨の調整を行った。
腹部の冷えも感じられたため、胃上げをしたのち腹部全体を愉気するとお腹がグルグルと鳴り始めた。
頭蓋骨に緊張が感じられたため、頭蓋仙骨療法で硬膜の緊張を解きほぐしていった。
頭蓋骨の調整後、頭痛がなくなっていることを確認し初回の施術を終えた。

考察

一言で自律神経失調症といっても原因は多様である。
今回のケースは腹部の冷えからくるものであったと推測される。
腹部の愉気を終えたあたりから「身体がポカポカしてきた」「眠くなってきた」など、身体の変化がでてきた。
腹部の冷えの原因は食生活や生活リズムなどがあるが、今回は胸を張る姿勢をする癖があったことから姿勢が大きく関係していると伝えた。
胸を張らない姿勢、母指球に重心を置かないことを心掛けてもらうと、2回目の施術日に「頭痛や背中の痛みが出なかった」と報告を受けることができた。

【症例6】すべり症、五十肩、頭痛

カテゴリ : 腰痛 肩の痛み 頭痛

症例イラスト

患者

50代女性

来院した時期

2013年12月

主な症状

10年以上前から続く腰痛があり、5年程前に病院で検査を受けすべり症と診断された。腰椎4番が滑っているので手術を勧められたが、それは避けたいと思い、グルコサミン、コンドロイチン、サメ軟骨などのサプリメントが良いと聞き、長年愛用されてきたが痛みが変わることはなかった。
痛みの症状が強く出る日は湿布やロキソニンを多用しながら生活してきたが、当院に通う息子夫婦からの勧めがあり来院に至った。

その他で気になる症状

左股関節痛、親指の巻き爪、背中の痛み

施術内容

背部の緊張が強く、触診で腰椎の前方すべりが確認できたので、まずは背部の緊張を筋筋膜リリースで解く。
続いて腹部に移り、胃リリース、肝臓リリース、腎臓リリースを入れていくと全身の力みがフッと抜け、そこから骨盤調整に入った。
施術後の動作検査で、腰痛が半分以下になり、肩の痛みも半分程度になったのを確認し初回の施術を終えた。
1週間後の2回目から踵骨、脛骨、腓骨の調整を入れていき重心を正していった。
1か月後の4回目の施術日には腰痛、肩の痛み、股関節痛、頭痛が気にならないレベルまでいけた。半年後、全身のバランスが整った影響からか、巻き爪がなくなったと報告を受ける。

考察

今回は腹部の施術がポイントになった。
腹部調整後は全身が緩み、間接法の矯正術の効果が高くなっていった。
サプリメントの影響か、腹部の違和感が最も強かった。
腹部の緊張を解く手法メインで進めたことが身体に負担なく回復を早めた要因であると推測される。

【症例10】右肘の痛み、頭痛

カテゴリ : 頭痛 その他

症例イラスト

患者

30代男性

来院した時期

2016年12月

主な症状

最近は疲れがなかなか抜けず、体が重く感じていた。
月に2~3回程度の頭痛があり、2週間前から右肘に強い痛みが出てきた。肘の屈曲での痛み、触っても痛むためデスクに肘をつくだけで痛むという。
本人は特に何かした記憶がなく、パソコン業務が中心のため肘が歪んだと思い、今回久しぶりに(5か月ぶり)来院となった。

その他で気になる症状

首こり、肩こり、腰痛

施術内容

前腕の変異があったため、まず橈骨上げをし、尺骨とのバランスを整える。
そこからこの二本の間隔を締めるため、手首の回外・回内操法をおこなう。
この時点で肘の痛みは消失した。
側頭骨からの強圧調整で頭頂骨と後頭骨の変位を調整。
頭痛が消失し、首から肩にかけての重みが無くなった。

考察

肘の痛みは前腕の異常からきていることが多い。
まずは橈骨と尺骨のバランスと整えることが解決への近道であったと考えられる。
パソコン業務で長時間の前腕回内が原因であると推測される。
前腕の問題は頭蓋にまで及び、頭頂骨や後頭骨の変位まで招くことがあるので注意が必要である。
今回は眼球からの頭蓋変位であったため、強圧で側頭骨の調整をしたことで早期解決に至った。

▲Page Topへ