HOME > 症例報告 > カテゴリ別 > 痺れ

症例報告【痺れ】

【症例1】左肘から小指にかけての痺れ

カテゴリ : 痺れ

症例イラスト

患者

40代女性

来院した時期

2016年9月

主な症状

昔から首が疲れやすく、半年ほど前から左肘の痺れがでてきた。
近所の整形外科を受診し、頸椎ヘルニアと診断されて処方された薬を続けていたが、一向に変わらなかった。
以前息子さんが中学の部活動で腰を痛めて来院した経緯から、今回は自分をみてほしいと思い来院に至った。

その他で気になる症状

腰痛、肩こり、首こり

施術内容

全身がガチガチに緊張している状態であったため、頭蓋骨からのアプローチで全身の緊張を解く。
その後、胸郭の過度な膨張が見受けられたので胸骨・肋骨の調整を行うと背中のハリが取れてきた。
話の中で仕事中の姿勢に問題があると判断したので、骨盤の過度な前傾・つま先重心の足(踵骨とリスフラン関節)を調整すると、立った時の重心が変わって全身の力みが抜けたと言われた。
この時点で肩や腰の痛みはなく、左肘の痺れが3~4割になったので、肩と背中のセルフケアを伝えて初回の施術を終えた。

考察

整形外科で「左肘の痺れは頸椎ヘルニアが原因」と診断され、本人もそう思っていたが今回のケースは「力みのある姿勢が引き起こす緊張体質」であったと考えられる。実際、首にはほとんどなく触れることなく頸椎の矯正も行わなかった。
日常で背中を広く使う、つま先で踏ん張ることはしないことを実践してもらい、1週間セルフケアを続けてもらうと2回目の施術後に痺れはなくなった。
楽な姿勢を認識してもらうだけで症状が改善したケースであった。

【症例4】座骨神経痛、肩の慢性痛、腰痛、左足の痺れ

カテゴリ : 座骨神経痛 腰痛 痺れ 肩の痛み

症例イラスト

患者

30代女性

来院した時期

2016年2月

主な症状

度々腰痛はあったが、長くは続かなかった。
出産を機に、腰痛が長引くようになり、3人目の出産を終えたあたりからお尻の痛みと左足の裏・側面の痺れが出てきた。
整形外科では座骨神経痛と診断され、ロキソニンと湿布を処方されたが改善することはなかった。
肩付近の慢性的な痛みもあり、持病もあることから、体質改善をしたいと思い整体院を巡るようになった。
なかなか結果が出ないなか、友人から当院を紹介され来院に至った。

その他で気になる症状

爪甲剥離症、股関節痛

施術内容

股関節の過度な内転が大きいと判断し、まずはそこの調整から入った。
股関節の調整で左足の痺れが半分になり、お尻のいたみもあることから尾骨の調整を行う。
そうすると座骨神経痛の症状が7割ほど消えたというので、併せて腓骨調整をし、骨盤調整を終えたころには下腿の痛みはほとんど感じられなくなった。
その後、頭蓋仙骨療法で全身の緊張を解いていき初回の施術を終えた。
3回目の施術日には座骨神経痛が2割ほどになり、爪がきれいに生え変わったという報告を受けた。

考察

骨盤や脚の調整が2回目以降はあまり必要ない状態であった。
頭蓋仙骨療法を受けていると「体の中で何かが流れていく」という感覚があったという報告から、硬膜のこわばりが原因であったと推測される。
頭蓋仙骨療法で脳脊髄液の流れが促進され、自身が持つ治癒力が発揮された結果であった。

▲Page Topへ